新しい被造物


● Ⅱコリ5:17
だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。

私は誰ですか?
すべての宗教は ‘私は誰ですか’という質問で出発します. このような質問は自分の内なる人を捜すための質問です。
実存(じつぞん)哲学(てつがく)者たちは、私は誰なのかに対して次の三つで結論を下しました.
第一に罪悪感と絶望を知る存在である
二番目で無なしと無意味を知る存在。どこから来てどうして住んでどこに行くか分からなくて、偶然に生まれて、むなしく生きて、消え去るのが人生である。
最後に人間と言うのは死と無の絶望を抱く存在である。
人は一回生まれて死んで、死んでからは霧のように消えてしまって絶対的に無に帰る存在です. ですから、実存(じつぞん)哲学(てつがく)者たちは人間を絶望的な存在と言います。
多くの人々は‘私はだれか? このように生きて死んだらどこに行こうかという悩みながら暮らしています. 人間はアダム以後(いご)、真の自分を忘れてしまったから常に空しさと絶望感を感じています.
‘現代人は二つの病気を持っています。
自分自身を忘れてしまった病気と自分自身を忘れてしまってからもそれを悟ることができない病気を持っています。
●イザ 43:1
ヤコブよ、あなたを創造された主はこう言われる。イスラエルよ、あなたを造られた主はいまこう言われる、「恐れるな、わたしはあなたをあがなった。わたしはあなたの名を呼んだ、あなたはわたしのものだ。
私は誰ですかという質問に神様は明確に答えて下さいます。
私は神様によって新しく造られた被造物であることを説明しています。
罪人である私たちをイエスキリストによって新しく造られた被造物なりました。
再創造された霊です。新しい種、イエスキリストによって神様の子である新しい種になりました。
新しい人, 神様の本性に変わったというのです. 義人、きよめられた人です.
新しく生まれた人は、新しい生命を持って暮す人です.
● ローマ 5:18
こういうわけで、ちょうど一つの違反によってすべての人が罪に定められたのと同様に、一つの義の行為によってすべての人が義と認められて、いのちを与えられるのです。
身分が新しくなった存在
●ローマ 8:15
あなたがたは再び恐れをいだかせる奴隷の霊を受けたのではなく、子たる身分を授ける霊を受けたのである。その霊によって、わたしたちは「アバ、父よ」と呼ぶのである。

神様の子になったので神様の働きをするようになりました。
● ヨハ 1:12
しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。
● ヨハ 14:12
まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じる者は、わたしの行なうわざを行ない、またそれよりもさらに大きなわざを行ないます。

新しい被造物と言うのは
1. 私は新しい本性を持っている
神様は、イエスキリストを通して私たちを生みました。
それで私たちは、神様の本性を持っています。
● ヨハ 1:12-13
1:12 しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。
1:13 それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、ただ神によって生れたのである。
新しい被造物になることができなければ霊的なことを理解することができない。
● ヨハ 3:3 イエスは答えて言われた、「よくよくあなたに言っておく。だれでも新しく生れなければ、神の国を見ることはできない」。
●Ⅰコリ1:21  世は自分の知恵で神を知ることができませんでした。
●Ⅰコリ2:12 ところが、わたしたちが受けたのは、この世の霊ではなく、神からの霊である。それによって、神から賜わった恵みを悟るためである。
神様の霊を受けなければ神様の働きが分からない.
●Ⅰコリ2:14
生れながらの人は、神の御霊の賜物を受けいれない。それは彼には愚かなものだからである。また、御霊によって判断されるべきであるから、彼はそれを理解することができない。
イエスキリストの弟子たちでイエス様のお話を理解することが出来なかったです。
●マタ 16:21-25
16:21 この時から、イエス・キリストは、自分が必ずエルサレムに行き、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえるべきことを、弟子たちに示しはじめられた。
16:22 すると、ペテロはイエスをわきへ引き寄せて、いさめはじめ、「主よ、とんでもないことです。そんなことがあるはずはございません」と言った。
16:23 イエスは振り向いて、ペテロに言われた、「サタンよ、引きさがれ。わたしの邪魔をする者だ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」。
16:24 それからイエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。
16:25 自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを見いだすであろう。
弟子たちは霊的に死んでいるからイエス様のお話を理解できないのです.

新しく生まれ変わった弟子たち
弟子たちはイエスキリストの復活を通じて新しい本性を受けることができました.新しい本性を弟子たちが受けることができなければ 3年ではなく 30年をイエスキリストと共にいても、大変な瞬間、彼らはイエスキリストを裏切っておびえているはずです.
● ローマ 7:19-20
7:19 わたしの欲している善はしないで、欲していない悪は、これを行っている。
7:20 もし、欲しないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの内に宿っている罪である。
弟子たちは、イエスキリストと共にいても、彼らは霊は罪の本性に支配されたのです。

しかし、弟子たちは五旬節に聖霊を通じて罪に本性から、生まれかわって新しくなりました.
● 使 2:1-3
2:1 五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、
2:2 突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。
2:3 また、舌のようなものが、炎のように分れて現れ、ひとりびとりの上にとどまった。
● 使 2:12-13
2:12 みんなの者は驚き惑って、互に言い合った、「これは、いったい、どういうわけなのだろう」。
2:13 しかし、ほかの人たちはあざ笑って、「あの人たちは新しい酒で酔っているのだ」と言った。

2. 私はイエスの名を使うことができる法的権利を持っています。
クレジットカードを持っていれば、好きなようにお金を使うことができます.
新しい被造物はイエスの名を使うことができる法的権限(けんげん)があります.
● ヨハ 16:24
16:24 今までは、あなたがたはわたしの名によって求めたことはなかった。求めなさい、そうすれば、与えられるであろう。そして、あなたがたの喜びが満ちあふれるであろう。
● ヨハ 14:14
何事でもわたしの名によって願うならば、わたしはそれをかなえてあげよう。
聖霊に満たされたペテロはイエスの名を使いました.
●使 3:6
3:6 ペテロが言った、「金銀はわたしには無い。しかし、わたしにあるものをあげよう。ナザレ人イエス・キリストの名によって歩きなさい」。
3. 福音に対する確信と大胆になります.
福音(ユアングゲルリオン ,Gospel)
★聞く人々の心を喜び変える嬉しい知らせ
★または良い知らせ(good news)
イエスキリストの福音は神様が人間のために, イエスキリスを通して人々に与える救いの良い知らせ(good news)です。
● ローマ 1:16
私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。
福音が信じるすべての人に救いを与える神様の力です。
ローマは自慢と光栄は力にあった. しかしローマができないのがあります.
それは、ローマは人間を変える力がありません。
それて、ローマ皇帝コンスタンティヌスが330年キリスト教を国の宗教として認めたのです。
救いとは? '安全'(肉体的, 道徳的に), 健康,救出(きゅうしゅつ), 保護, 幸せ,祝福、未来の救い、罪から解放, 死から解放, 勝利、生まれ変わる,義,きよめ(聖化),栄化、
福音は神様の力です. 神様の力が福音を通じて私を通じて力で現われます.
福音は良い知らせ(good news)です. しかしこの良い知らせ(good news)を聞いても喜びがないです.
福音の喜びの確信がないです. 福音が正確に悟らないからです.
福音の確信がなければ、律法主義になってしまいます.
しかし、新しい被造物は福音に対して大胆と確信に満たされています。
4, 私たちの内に大きいイエスキリストがいらっしゃる
● Ⅰヨハ4:4
子たちよ。あなたがたは神から出た者であって、彼らにうち勝ったのである。あなたがたのうちにいますのは、世にある者よりも大いなる者なのである。
彼らという意味は悪魔、サタンのシステムの下あるこの世の中のすべての被造物を言います.
しかし、私のうちにいますイエスキリストは、世にある者よりも大いなる方です。
そのように大きいイエスキリストが私の中にいらっしゃって私を通して働いておられます。
● コロ 1:28-29
1:28 私たちは、このキリストを宣べ伝え、知恵を尽くして、あらゆる人を戒め、あらゆる人を教えています。それは、すべての人を、キリストにある成人として立たせるためです。
1:29 このために、私もまた、自分のうちに力強く働くキリストの力によって、労苦(ろうく)しながら奮闘(ふんとう)しています。
私たち内の中にいらっしゃるキリストは新約の核心です.
イエスキリストは、ただ私たちを罪から救って下さっただけではないです.
うちの中に一番聖なる方が入って来て住んでわれるのです。
私たちは、神様の子です. 私の中にイエスキリストがいらっしゃるからです.
●ガラ 2:20
生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。
イエスキリストはそのまま私のそばにいらっしゃる位ではなく、私の中にいらっしゃりながらすべての事で私を助けます.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック