誉と偉大さは主から出ます

Honour And Greatness Are From The Lord

“富と誉れは御前から出ます。あなたはすべてのものの支配者であられ、御手には勢いと力があり、あなたの御手によって、すべてが偉大にされ、力づけられるのです。”(Ⅰ歴代誌29:12)


今日の本文箇所は、ダビデが年老い生の最後の時に言ったことばです。彼は神様に祈りこう言いました。“ああ神様、富と誉れが主から出ます。”この祈りを通して私たちは富と誉れがどこから来るのか知ることができます。それらは神様から出ます。

ダビデは尊いされた者でした。預言者サムエルが彼に油を注ぎ、ダビデは自分がイスラエルの王であることが分かっていました。彼は、神の御霊の油注ぎと、王の務めに関する勉強し始めました。彼はこれらのことを学び、試練にあう時多くの場合、神様の御前に自分を認められる者として現しました。(Ⅱテモテ2:15)

一度はサウル王が彼を殺そうと三千名の兵士と共に彼を追う時でした。ダビデにサウル王を攻撃することができる機会が訪れましたが、彼はそうしませんでした。なぜなら彼はサウル王が神様から油注ぎを受けたので、もし彼がサウル王を攻撃するならば、それは単にサウル王だけでなく、その油注ぎまで不名誉にすることが分かったからです。さらには彼がサウルに害を及ぼすことができるほど十分に近い距離にいたことを証明するため、ただサウル王の上着のすそをこっそり切り取った時にも、彼は悔い改めて神様に赦しを願いました。(Ⅰサムエル24:5) 自分を捕まえて殺そうとする人であったにも関わらず、ダビデは、彼を栄誉高くあげることを選択しました。なぜなら彼は誉れある者であって、ダビデはその誉れがどこから来るのか知っていったからです。ダビデは、王が彼を偉大にすることはできず、唯一神様だけがそうなさることができるというのを知りました。

詩篇75:6-7で、ダビデは同じくこう言います。“高く上げることは、東からでもなく、西からでもなく、荒野からでもない。それは、神が、さばく方であり、これを低くし、かれを高く上げられるからだ。”だれも、職業も、自然的な機会もあなたを偉大にすることはできません。偉大にするものはただ神様の御手にかかっています。あなたは誉れある人です。したがって、尊貴に生きる方法を学んでください。あなたはそう生きるように生まれたからです。誉れがまさにあなたの人生です。あなたは誉れの中で生き、同じく必ず他の人々を尊貴にしなくてはなりません。

告白
愛する主よ、私に主の中にある偉大さの運命をくださり感謝します。私は偉大で名誉に生まれました。私は他の者たちも主の愛の対象であることを認識し、彼らも尊貴にします。アーメン。

参考聖句
箴言 3:16, 詩篇 71:21

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック