家庭設計図(妻の役割)


● エペ 5:22-24
5:22 妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。
5:23 キリストが教会のかしらであって、自らは、からだなる教会の救主であられるように、夫は妻のかしらである。
5:24 そして教会がキリストに仕えるように、妻もすべてのことにおいて、夫に仕えるべきである。
先週、聖霊に満たされるというお話を伝えました. 聖霊に支配されれば、神様との関係は礼拜と賛美,感謝に回復します. 人間関係も回復されます。夫と妻の関係、親子関係などが回復します。
家庭という本を見れば
家庭の創造性の出生地,人間関係の形成,暴雨の時の避難所、思い出の博物館だと言いました.
Holiday Innsというアメリカのホテルチェーン店ですが開業35周年を記念して実施した統計の調査によれば, 55歳以上の 51%, 35-54歳 50%, そして 18-34歳 49%が人生で最大の影響を及ぼす同期で ‘家庭だと言います。 2位はpride 14%。3位がお金だったが 8%でした.
結局、人間に最大の影響を及ぼすことはお金でもなくて, pride(自負心)でもない
‘家庭’という事実です. このように家庭は重要です. 家庭が崩れれば社会が崩れます. 家庭が守られれば幸せになります。
神様は、直接アダムとエバの家庭を建てました.
アダムとエバが初めて夫婦になった後, お互いに告白した言葉を皆さんは分かりますか?
● 創 2:23 そのとき、人は言った。「これこそ、ついにわたしの骨の骨、/わたしの肉の肉。
ところでこの初め夫婦が神様の命令に従うないで、神様の御言葉を無視した時どんな関係に変わりますか? ● 創 3:12 人は答えた、「わたしと一緒にしてくださったあの女が、木から取ってくれたので、わたしは食べたのです」。
骨の骨、今肉の肉である関係がお互いに非難する関係に変わりました。
お互いに責任転嫁をしています。‘この女のせいです!’
この言葉を今日私たちの言葉に変えれば, “お前のせいで私の人生がこんなにめちゃくちゃになった”
“お前のせいで私がこの苦労をするのだ” お前のせいで不幸になったの!” “お前のせいで我が家庭はこのありさまだ” “お前のせいで お前のせいで!”
神様の幸せな家庭スイートホームが悪魔の誘惑によって人々の心は破壊されました。
神様の御言葉を従う内時から、家庭のこれ以上暴(ぼう)雨(う)の時避難所、思い出の博物館ではなく失われてしまった家庭になってしまいました.

神様は聖霊を通じて忘れてしまったエデンの家庭を取り戻そうと思います.
神様はエペソ5:22-6:4節を見ると幸せの家庭のための家庭設計図を見せて下さいます.
妻の役割,ご夫の役割,子供の役割,親の役割を設計しました。
聖書で言う幸せ家庭は何でしょうか?
妻の役割,ご夫の役割,子供の役割,親の役割を果たす時、本当の幸せなります。
互いに家庭の役割を果たさないとき、家庭は破壊されます。
‘妻の役割’
家庭で一番重要な関係は親子のかんけいではなく、夫と妻の関係です. 夫婦関係がよくなれば家庭は幸せになります.
夫婦の関係が家庭の幸せの鍵です. そして夫婦の関係に重要な役割をするのはご夫ではなく妻です。
それでパウロは夫婦の関係の重要な役割をする妻に対して進めを先にしています。
●5:22 妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。
これは、妻の役割は夫婦生活、子供を養育、家廷生活、夫よりずっと重要だというのです.
妻の役割のよって、夫婦生活の幸せも左右され、家廷生活の幸せも決まるようになります。
よく言われる言葉があります。良い嫁が来てくれれば家は、興になる。良くない嫁が来てくれれば家は、滅びるという言葉があります.
● 箴 31:10 だれが賢い妻を見つけることができるか、彼女は宝石よりもすぐれて尊い。

妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。
● 5:22 妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい
‘仕える、従うと言う言葉の聖書的意味が何ですか?
当時ユダヤ人たちは女を卑しく見ました. 女達を品物,所有物のような存在でありました.
しかしここでパウロは奴隷のように従いなさいという意味ではないです.
自発的に夫の権威の下に自分を置きなさいという話です. また男が女より優れたという意味でもないです.
イエスキリストは神様と等しかったですがイエスキリストは神様お父さんに従いました.
男女は平等です. しかし機能的と役割が違います. だから価値の平等が役割の平等ではないです.
従う理由
●5:23 キリストが教会のかしらであって、自らは、からだなる教会の救主であられるように、夫は妻のかしらである。
5:24 そして教会がキリストに仕えるように、妻もすべてのことにおいて、夫に仕えるべきである。
夫は妻のかしらであるからです.( 家庭の秩序維持)
● 創 2:21-22
2:21 そこで主なる神は人を深く眠らせ、眠った時に、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。
エバがアダムのあばら骨から出たということが男と女との根源です.

キリストが教会のかしらである(権威を認める、家庭の安定)
教会のかしらであるイエスキリストの権威を認めて従うように、妻は夫の権威認めて従わなければなりません.
従うということは神様によって定められた権威や力に対して謙虚で賢く従うという意味です.妻は夫がしようとする仕事に対して喜びと勇気を与えながら手伝ってくれなければなりません.
また妻は夫を中心して賢い知恵を持って家庭をよく経営しなければなりません.
● コロ 3:18
3:18 妻たる者よ、夫に仕えなさい。それが、主にある者にふさわしいことである。
タルムードに "娘よもし貴方か夫を王のように尊敬したら彼は妻を女王のように優待するはずであり。貴方が下女(げじょ)のようにふるまうなら夫は妻を奴隷のように扱う。

従う方式
従うことは、妻はいつも口を閉じていることではありません。
従うことは、妻はいつもはい、はいしなさいという言葉ではないです.
従うことは、妻が自分の能力を発揮してはいけないということを意味しないです.
従うと言うのは、妻のすべての能力を夫の主観の下で、夫と家族の有益のために譲ることを意味する.”
でも、妻は決して神様の関係に罪を生じながら従いなさいというのではないです.
夫に従いますが、最終的に神様に罪を犯すことになれば私たちは拒否することができます. 使徒行伝 5章、アナニヤとサッピラという夫婦がいます。
使 5:1-3
5:1 ところが、アナニヤという人とその妻サッピラとは共に資産を売ったが、
5:2 共謀(きょうぼう)して、その代金をごまかし、一部だけを持ってきて、使徒たちの足もとに置いた。
5:3 そこで、ペテロが言った、「アナニヤよ、どうしてあなたは、自分の心をサタンに奪われて、聖霊を欺き、地所の代金をごまかしたのか。

夫であるアナニヤがごまかしていることを分かっていながら、妻サッピラは、夫の判断に対して拒否しなければならなったのです。
しかし、妻サッピラは、夫アナニヤの決定に対して従いました。その結果、
使 5:4-5
5:4 売らずに残しておけば、あなたのものであり、売ってしまっても、あなたの自由になったはずではないか。どうして、こんなことをする気になったのか。あなたは人を欺いたのではなくて、神を欺いたのだ」。
5:5 アナニヤはこの言葉を聞いているうちに、倒れて息が絶えた。このことを伝え聞いた人々は、みな非常なおそれを感じた。
二人は神様に懲らしめられました。

イゼンウェインメク(Wayne Mack)が書いた 「クリスチャンの結婚関係 」妻に対する言葉が書かれています
1) 夫に ‘誉める言葉’をたくさんしてください.
夫の短所(たんしょ)や間違い、あるいは失敗などをずっと繰り返しながら思い起さないでください. 男は本当に単純です. ‘男はその本質上褒められればもっと褒められるように行動するのです。夫に対する褒め言葉は夫の漢方です.
2) 夫を尊敬する態度を持ってください!
3) 今の状況に満足して感謝する妻になってください!
4) 夫の決定に対して信頼を見せてください.
夫の決定に対して信頼しないで、ひどく反対すれば夫は優柔不断になって防御的になりやすいです. 自信感がなくなります. 特に年を取るほど弱くなる方は男性です.
6) 夫を神様を信じる人に作らなければなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック